介護のお金

 

義母は昨年から施設に入居しています。

1年ほどケアハウス(軽費老人ホーム)にいて、

春からは介護付き高齢者向け住宅に引っ越しをしました。

 

義母自身は特別養護老人ホームに入りたがっていました。

ですが、特養は要介護3以上でないと申し込みすらできません。

自分でトイレに行くことができて、食べることができて、

シルバーカーがあれば歩くことができる。

身の回りのことは自分でなんとかできるので、ひとまず

ケアハウスに入ってもらうことにしました。

 

こういった施設にいろいろと種類があることを、

この時はじめて知りました。

ケアハウスは、部屋は鍵つき個室、食事は食堂で提供され、

お風呂は共同で順に利用する、寮のような感じでした。

門限はありますが、日中は出かけるのも自由。

通院したり買い物に出かけたり「施設に入れられている」感は

ありませんでした。

食費と電気・水道は実費、施設に払っていたのはだいたい

月に10万円弱でした。

洗濯や掃除などできない人はヘルパーを契約し、紙おむつや

尿取りパッドなどは自分でまたは家族が購入して用意します。

なので、施設に払う以外にはヘルパー代などあわせて

4~6万円プラスといった感じでした。



家族を施設に入所させるとき、まず心配なのは料金だと思います。

義母が入所したケアハウスは「月額82,000~160,000」と

書かれていました。

部屋の大きさや向き、介護度、所得額によって異なります。

実際にいくらかかるんだろうと悩みました。

 

それまで教育費優先であまり考えてこなかった「老後資金」を

強く意識するいいきっかけになりました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用(生活)へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です